風俗を浮気だと感じる理由

男性の風俗通いは浮気か?

浮気や不倫問題でたびたび取り上げられるのが、「風俗は浮気に含まれるのか?」という問題です。
調べてみると、夫や彼氏が風俗に通う、または行ったことがあることを知った女性の多くが、夫や彼氏が風俗で他の女性を抱くことを浮気であると認識しているようです。

「自分以外の女と裸で接触していれば、それは立派な浮気」
「お金を払っているから浮気ではないというのは通用しない」
「病気を貰う可能性もあることを考えてもらいたい」

男性側としては、風俗はあくまで商売であり、風俗の女性とはライトな関係であると言いますが、女性からしてみれば、風俗で他の女性と遊ぶのも、浮気や不倫で風俗以外の女性と遊ぶのも同じのようです。

逆に男性に、自分の妻や彼女がホストや風俗を利用していたらとどう思いますかと聞けば、ほとんどの男性が浮気であると断じて、妻や彼女を許せないというのですから、女性が風俗に行く男性を許すことができないことが理解できるはずなのですが、身勝手な男性が多いようです。

また、離婚をした夫婦の中には、夫の風俗通いが理由で離婚をしたという人もいます。

風俗では、女性と一緒の時間を過ごすために、少なくない金銭を支払うことになります。
男性の中には、風俗へ通うために、家に入れなくてはいけない生活費を使い込んだり、妻や家族に内緒で借金をしてまで風俗へ行くという人もいるようで、こうなると、離婚の正当な理由として認められるようです。

男性が風俗へ通うのは、女性から浮気として見られるだけでなく、金銭問題や感染症などの病気の問題もあるため、男性には極力風俗に行くことをやめてもらいたいというのが、女性の本心ではないでしょうか。