離婚で考えなくてはならない子供の養育費について

 養育費について

養育費とは、子どもを育てるのに必要なお金のこと。

子どもが生活していくための費用はもちろん、教育費や医療費、娯楽費も含まれています。
養育費は、子どもと一緒に生活をしない方の親が支払うものです。

 

原則的に、夫婦の話し合いで金額と支払い期間は決められます。
金額については、裁判所が出している「養育費算定表」というのを参考にしつつ、お互いの収入等を考えて金額を決めます。
支払い期間は、だいたい子どもが社会に出て自立するまで、というのが一般的です。 大学に進学する場合、この費用も払ってもらえるか、というのは正直微妙なところのようです。
あくまでも個人差、というしかなさそうです。

 

離婚するとパートナーとの関係は解消されるけれど、親子の関係はずっと続きます。
パートナーが再婚した場合、養育費が支払われなくなることが多いみたいです。
しかし、パートナーが再婚しようとも子どもを育てるための養育費は払う義務があります。

 

離婚してからしばらくたつと、養育費がだんだん払ってもらえなくなる、ということが多いようです。
そういう話も私の周りでよく聞きます。
そんなときのために、合意内容を「公正証書」にしておくといいです。
これは、強制執行を承諾しますという法的な文書なので、養育費の支払いが滞ったときに給料差し押さえといった強制執行ができるのです。